一般媒介契約

一般媒介契約では、複数の不動産会社と同時に仲介依頼の契約を行えます。売り主が見つけてきた買い主は、不動産会社を通すことなく取引が行えますただ売買契約締結などがあるので、最終的にはどの不動産会社を通して取引を進めるか決めます。通常は、買い主を紹介してくれた不動産会社と取引を進めることが多いです。不動産会社としてレインズの登録は任意で、販売活動状況の報告義務がありません。

契約契約形態には明示型と非明示型があり、これは仲介依頼した不動産会社に、売り主が他のどの不動産会社にも仲介依頼したか、通知するかしないかで決まります。
この契約方法では、複数の不動産会社が売却窓口となるために、悪い方向に向かうこともあります。それは、売却を急ぐあまりに、物件購入者との値段交渉で妥協しやすくなり、相場よりも低い値段で売却することもあります
しっかりと不動産会社に、相場以下では売らないと売り主の意向を伝えれば良いですが、そうでないと急かされて、安い値段で売ってしまうこともあります。

また、複数の不動産会社に仲介依頼をするので、各不動産会社の売却への取り組みは、希薄になることもあります。
依頼する不動産会社の数を減らすほど、各不動産会社での競争は低くなり、売却活動は安定していきます。(参考資料→媒介契約比較|高く家を売る研究


Top