家を売るときの契約

家を売る場合は、個人の物件であっても、自分で買い主を見つけて売るのは時間と手間がかかり現実的ではないので、通常は不動産会社と契約し、不動産会社に買い主を見つけてもらいます。不動産会社に売買の仲介を依頼するときには、媒介契約を結ぶのが普通です。この契約により、仲介のサービス内容や、対価である手数料などを、契約書類によって明確にします。

契約契約書により、依頼内容や手数料を明確にすることにより、仲介依頼後のトラブルを未然に防ぐようにするので、その契約内容は重要です。
実際に仲介依頼を受ける不動産会社は、宅地建物取引業法により契約の締結が義務づけられています。
売り主としても、契約書の契約内容を把握しておくようにしておき、後で不動産会社と相違がないようにしておくと、トラブルも少なくなります。

そして、不動産会社との契約方法としては3つあります。専属専任媒介専任媒介一般媒介という3種類であり、どの契約方法によっても不動産会社に買い主を探すよう基本の依頼内容は変わりありません。
しかしそれぞれの契約内容により、不動産会社がどのように仲介業務を行なっていくか、どの不動産会社と契約するかと内容は違い、3つの契約方法それぞれにメリットとデメリットがあります。
売り主が不動産会社と仲介依頼の契約を行なうと、この3つのどれかの方法で契約するので、売り主はそれぞれのメリットとデメリットを知り、契約方法を選ばなければなりません。


Top