専属専任媒介契約

専属専任媒介は仲介を不動産会社1社のみに依頼する契約方法です。この契約を行なうと他の不動産会社とは契約は出来ません。売り主が見つけてきた買い主でも、不動産会社を通じで取引しないとなりません。この契約では、不動産会社の仲介業務は、いくつかの規制があり、拘束力が強いです。契約した不動産会社は、仲介業務の実施状況を、報告しないとならず、1週間に1回の報告が義務づけられています。

不動産会社この契約方法を行なうと、比較的売却までの時期が早いです。
依頼を受けた不動産会社は、5日以内に指定流通機構のレインズに物件を登録しないとなりません。
そのために、物件情報がすぐに全国の不動産会社で共有され、直接依頼を受けていない不動産会社でも、購入希望のお客差に物件を紹介できます。
このために売却までの時期が早いことが多いです。独占的に1社と契約するので、積極的にその不動産会社が、広告を打って売却活動をしやすいというのもあります。

しかし、売り主は売却の取引は、契約した不動産会社1社のみで行ないます。他の良い条件で買い入れを申し出たお客がいたとしても、契約を締結した不動産会社を通さないと、売却は出来ません。場合によっては、良い条件で買い入れ希望のお客を逃すことになります。また注意しないといけないのは、友人や身内の紹介などで、売り主が直接見つけた買い主への売却も制限されています。


Top