一般媒介契約

一般媒介契約では、複数の不動産会社と同時に仲介依頼の契約を行えます。売り主が見つけてきた買い主は、不動産会社を通すことなく取引が行えますただ売買契約締結などがあるので、最終的にはどの不動産会社を通して取引を進めるか決めます。通常は、買い主を紹介してくれた不動産会社と取引を進めることが多いです。不動産会社としてレインズの登録は任意で、販売活動状況の報告義務がありません。

契約契約形態には明示型と非明示型があり、これは仲介依頼した不動産会社に、売り主が他のどの不動産会社にも仲介依頼したか、通知するかしないかで決まります。
この契約方法では、複数の不動産会社が売却窓口となるために、悪い方向に向かうこともあります。それは、売却を急ぐあまりに、物件購入者との値段交渉で妥協しやすくなり、相場よりも低い値段で売却することもあります
しっかりと不動産会社に、相場以下では売らないと売り主の意向を伝えれば良いですが、そうでないと急かされて、安い値段で売ってしまうこともあります。

また、複数の不動産会社に仲介依頼をするので、各不動産会社の売却への取り組みは、希薄になることもあります。
依頼する不動産会社の数を減らすほど、各不動産会社での競争は低くなり、売却活動は安定していきます。(参考資料→媒介契約比較|高く家を売る研究


専任媒介契約

契約専任媒介契約は専属専任媒介契約と同じく、不動産会社との契約は1社のみ、そしてレインズへの登録は7日間以内となっています。
しかし、自分で見つけてきた売り主ならば、不動産会社を通さずに取引が行えます。
契約期間は3ヶ月間となり、仮に3ヶ月を越えるような契約を行なっても、契約内容に有効期限は強制的に3ヶ月間になります。
また、契約した不動産会社は、仲介業務の実施状況を、報告しないとならず、2週間に1回の報告が義務づけられています。

売り主が見つけた買い主は、不動産会社を通さなくても取引が認められているために、提示している条件よりも、良い条件の買い主が見つかれば、物件をその買い主に売ることも出来ます。7日以内にレインズに物件を登録するので、すぐに物件情報が全国の不動産で共有され、こちらの契約方法でも、売却までの時期は早いことが多いです。

ただ複数の不動産会社には仲介業務の依頼は行えず、どの不動産会社と契約を行なうかよく考えなければいけません。しかし物件売却の窓口が1本に統一されるので、売却がスムーズにいくことが多いです。こちらの契約でも、不動産会社との契約は1社のみとなるので、その不動産会社が広告に力を入れやすく、これも売却までの時期を早めてくれます。


専属専任媒介契約

専属専任媒介は仲介を不動産会社1社のみに依頼する契約方法です。この契約を行なうと他の不動産会社とは契約は出来ません。売り主が見つけてきた買い主でも、不動産会社を通じで取引しないとなりません。この契約では、不動産会社の仲介業務は、いくつかの規制があり、拘束力が強いです。契約した不動産会社は、仲介業務の実施状況を、報告しないとならず、1週間に1回の報告が義務づけられています。

不動産会社この契約方法を行なうと、比較的売却までの時期が早いです。
依頼を受けた不動産会社は、5日以内に指定流通機構のレインズに物件を登録しないとなりません。
そのために、物件情報がすぐに全国の不動産会社で共有され、直接依頼を受けていない不動産会社でも、購入希望のお客差に物件を紹介できます。
このために売却までの時期が早いことが多いです。独占的に1社と契約するので、積極的にその不動産会社が、広告を打って売却活動をしやすいというのもあります。

しかし、売り主は売却の取引は、契約した不動産会社1社のみで行ないます。他の良い条件で買い入れを申し出たお客がいたとしても、契約を締結した不動産会社を通さないと、売却は出来ません。場合によっては、良い条件で買い入れ希望のお客を逃すことになります。また注意しないといけないのは、友人や身内の紹介などで、売り主が直接見つけた買い主への売却も制限されています。


家を売るときの契約

家を売る場合は、個人の物件であっても、自分で買い主を見つけて売るのは時間と手間がかかり現実的ではないので、通常は不動産会社と契約し、不動産会社に買い主を見つけてもらいます。不動産会社に売買の仲介を依頼するときには、媒介契約を結ぶのが普通です。この契約により、仲介のサービス内容や、対価である手数料などを、契約書類によって明確にします。

契約契約書により、依頼内容や手数料を明確にすることにより、仲介依頼後のトラブルを未然に防ぐようにするので、その契約内容は重要です。
実際に仲介依頼を受ける不動産会社は、宅地建物取引業法により契約の締結が義務づけられています。
売り主としても、契約書の契約内容を把握しておくようにしておき、後で不動産会社と相違がないようにしておくと、トラブルも少なくなります。

そして、不動産会社との契約方法としては3つあります。専属専任媒介専任媒介一般媒介という3種類であり、どの契約方法によっても不動産会社に買い主を探すよう基本の依頼内容は変わりありません。
しかしそれぞれの契約内容により、不動産会社がどのように仲介業務を行なっていくか、どの不動産会社と契約するかと内容は違い、3つの契約方法それぞれにメリットとデメリットがあります。
売り主が不動産会社と仲介依頼の契約を行なうと、この3つのどれかの方法で契約するので、売り主はそれぞれのメリットとデメリットを知り、契約方法を選ばなければなりません。


Top